はっぴは日本伝統の精神を物語ります

はっぴは日本伝統の精神を物語る衣装と称して差し支えないでしょう。東京の下町で毎年夏になると繰り広げられるのがお祭りです。男性も女性も、それぞれ、毎年違ったデザインで人目をひきつけるはっぴを着用します。テレビなどで、毎年まいとし見かける風物詩ですが、もしも、あのそろいの衣装がTシャツだったらどうでしょうか。おそらく、若者たちから高齢者たちまで、その様変わりを嘆くのではないでしょうか。心配は要りません。この日本の伝統的衣装は、江戸時代の昔から現在に至るまで、しっかりと人々の生活の中に溶け込んでいるのですから安心です。全国的に最近流行しているのは、そろいのはっぴを着用して、現代風にアレンジされている振付で踊りながら行進するスタイルです。全国的に盛んとなっており、まちおこしなどの原動力となりつつあります。

町内会のお祭り用にはっぴを利用

お祭りにはいろいろなタイプがあります。まずは伝統的なお祭りです。長らく行われ続けていてその後も継続的に行われることになるでしょう。一方で最近になって始まったお祭りなどもあります。町おこしなどから若い人たちが始めることがあるようです。軌道に乗るまでは大変なこともありますが、知ってもらうようになるとどんどん参加者も増えてその町に欠かせないイベントになることもあります。町内会ではお祭りを行うことがあります。子供が参加するお祭りがよく知られています。町の中には神社がありそちらで行われるお祭りなどではおみこしなどを担いで町内を回るようなイベントが行われます。そのときに必要になってくるのがはっぴです。伝統的で少し古いようなイメージがありますが、なくてはならない衣装の一つになるでしょう。全く容易されていないなら作る必要があります。

はっぴを着ると身も心もきりりとしまります

人間は服装ではない、中身が大切だ、などと発言される方が実に多いです。これは、ある面で正しい表現ですが、例外もあります。それは江戸時代から粛々と受け継がれている日本の伝統衣装であるはっぴです。いまだに、街の消防団などでは、この日本の古い伝統衣装が愛用されています。お正月の例会などに出席するときに、この、古い昔の伝統衣装を着用するのが習わしとなっているところが多いです。江戸だけではありません。全国各地に点在する消防団でも、はっぴが、折に触れ着用されています。それだけ、この伝統衣装に対する熱い気持ちが強いというあかしでもありますが、それを身にまとうと、なんだか気分がギュッと引き締まるような感じを受けます。日本人の遺伝子には、祖先から受け継がれている記憶みたいなものがDNAのどこかに書き込まれているそうです。納得しました。

横浜ららぽーと正面入り口よりすぐ近くです! 横浜市の小学校様よりソーラン節用にはっぴのお申し込みを毎年頂いております。 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 はっぴに簡単なプリント入れから生地から染めるフルオーダーまでさまざま加工方法でオリジナルはっぴ製作をしています。 はっぴのお見積り・お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)